FC2ブログ
Loading…

IZJSプレイ

Posted by Mi on 15.2011 FF12プレイ日記   0 comments   0 trackback
拍手ありがとうございました!!

明日プレゼンの本番なんだよね。
れんしゅーしなきゃ、と思いつつ、現実逃避。

IZJSやりました。
すごく久しぶりなんで、どこまでやったか忘れてた。

どうやらシュトラールでビュエルバ(英語ではBhujerba、発音はビュジェールバ)にやってきたところらしい。

飛空艇ターミナルから出ると、ラーサー、じゃなくてラモンが来た!
ラーサーの瞳が青なのか灰色なのかいまいちわからない。

「僕も同行させてください」に「いいだろう。ついてきな」と返すバルフレアを驚いてみつめるバッシュ、フラン、ヴァン。
バッシュさん、見つめすぎですから。
どんだけ長く見つめてるんですか。
ビュエルバ1

その後、ヴァンがターミナルでのバルフレアの忠告も聞き流し、「バッシュ」と大きな声で呼ぶ。
それにえぇぇ?って見詰め合うばしゅばるの証拠写真。
ビュエルバ2


ルース魔石鉱の入り口でも、ラーサー、じゃなくてラモンの事情通っぷりに
「こいつ誰だよ?」「わからん。慎重に探る必要があろう」「連れて行くか?」「君がついてこい、と言ったのだろう」
なんてかんじの会話を目線だけで行うばしゅばる。
ビュエルバ3

白状します。
この一連のみつめ合いを見て、私はこの二人の愛を確信しました。
それまで全くBLに興味なかったんですが、この二人…付き合うね!と思いました。
まぁ、運命の相手なんでしょうね。お二人は。

皆様それぞればしゅばるきっかけがおありだと思います。
私はここのストーリーでした。
皆様のきっかけを伺いたい!

魔石鉱の奥に行って、あ、もちろん戦闘メンバーはバッシュとバルフレアです。
今回はラーサ、じゃなくてラモンもいるけど。
バッガモナンから逃げて、ヴァンのおバカなミニゲームをこなして、オンドールの側近に無事会えました。

それから魔石鉱に戻ってニーズヘッグとロックタイタスを倒した。
メンバーはバッシュ(もののふ)、バルフレア(白魔)のみ。
バッシュ→ひたすら刀をふるう。Lv 90だけれど、武器がしょぼいので(備前長船)かなり難儀。
バルフレア→プロテスかけたあとはほとんど後ろにいるだけ。たまにケアルかける。たまにロットで殴る。
っていう感じのお二人です。

はい、今日は終わり。
スポンサーサイト



シュトラールでビュエルバに行く

Posted by Mi on 19.2011 FF12プレイ日記   0 comments   0 trackback
メルフォからメッセージ、沢山いただきました。ありがとうございます☆
後日、お礼に伺わせてくださいませ。

いやぁ、暑かったですね…
墓地に日陰ないんだよね…

少し、いや、ほんと少しFF12のIZJSやりました。
砂海亭にバルフレアとフランに会いに行って、ビュエルバのターミナルに到着するまで。

砂海亭でのムービーシーンで
「つきあうぞ。私もビュエルバには用がある」「侯爵と直談判か」の会話のとき、
実はかなり長く見詰め合っているのに気付いてドキドキしました。
ヴァンの「頼む」って声でバルフレアが視線を外すので、ヴァンを殴りたい気分だったよ。

砂海亭を出る直前にバルフレアに「準備ができたら飛空艇ターミナルに来い。わからなけりゃ地図でも見るんだな」
と言われる。私はもう相当な時間をイヴァリースですごしているので、地図見なくてもターミナルには行けるのだけど、
はい!見ます!って地図見ました。

ターミナルの入り口に素敵なフラン姉さまを発見。
ソルベを見ているように見える。
2ちゃんねるの閉じ込め部屋で、フランがモーグリヲタって設定があって、それが私の中でデフォと化してしまっているので、このシーンのフランはソルベをそっと見て萌えてるに違いない、と妄想。
「お嬢さんの件、あれでも責任を感じてるのよ。」ってそっと教えてくれる。
脱獄してきたときも「後悔してるのよ」って教えてくれたし、姉さまはバルフレアのよき理解者であるし、通訳者みたいww

ターミナルの中では、ラバナスタ市民が
「そこで立ってる男って、バルフレアじゃないか?」と。
「天才的なテクニックで飛空艇を操り、賞金稼ぎや軍の追跡なんてものともしないとか。」
まではいいんだが、そのあとの
「それに…いや、子供にはまだ早い話だな。」
って、何言おうとしたんですか!!?
男にも女にもモテて、性別関係なく気に入った相手と寝る、とかですか!?
最後まで教えて欲しかった…

そして、ヴァンがラバナスタで出発の準備を整えている間、バッシュは何をしていたのか、という疑問。
ヴァンと行動をともにしていたようには思えないし、一人でどこかをうろついていたとも思えない。
とすると、やっぱりバルフレアと二人で(フランはソルベたん萌えしてるからね)ターミナルで待ってたのかな。
うん、そういうことにしよう。
二人でどんな会話してたのかとか考えてみたけど、なんか、黙りこくっている二人しか思い浮かばなかったorz

「自分で感じたいだろ」
な名台詞を堪能しながらシュトラールに乗り込む。
シュトラールはドイツ語で「一筋の光」という意味だとか。
ランディスはドイツを意識して設定されていると思うので、飛空艇の名前を聞いたバッシュがびっくりするといいと思う。(ランディス語は失われているはずだから)
そして、運命を感じればいいよ。

そいえばバルフレアの母方の祖母がランディス出身者っていう設定をでっちあげたな。
5周年記念企画に載せていただいた駄文のはず。
そいえばこのサイトに企画にうpした駄文、転載していない…
【桜】は無理だな。もう載せる時期を逸した。【Key】は今度載せます。多分。

バッシュとバルフレアのビュエルバについての会話は、皮肉たっぷりでほんとうにバルフレアらしいと思った。
あ、ちなみに英語の発音は“ビュジェルバ”って感じでした。

ビュエルバのターミナルで帝国兵が沢山いるのを見てバルフレアがバッシュに気をつけるよう促す言葉が
「easy」(字幕では“よお”)に聞こえるんですが、easyってこういう感じで使いますか?
「名前も出すな」「無論だ」の会話のすぐ後ろを歩いているくせに全く聞いていないヴァンにちょっと残念感が否めないところで今日は終わり。

バッシュのペンダントについて考えた。

Posted by Mi on 17.2011 FF12プレイ日記   0 comments   0 trackback
拍手ありがとうございます!!
やっぱり、バッシュ受け全盛期には赤ちゃんバッシュのお話あったんですって☆
OTONA様、御教授ありがとうございますwww


今日はIZJS久しぶりにやりました。

まず初めに、どうにも不可解なコト。

今まで、バッシュがしてるペンダントはランディス騎士団とか国章、もしくはローゼンバーグ家の家紋かと思っていました。
きっと、ノアも同じもの持ってるんだー。
投獄されても唯一手元に残った大切なペンダントで、大切なヒト(もちろんバルちゃん)にあげるんだよ。
などと妄想していて、ネ申サイトマスター様も同じ設定の方が幾人もいらっしゃって、これデフォだね、と思っていたのですが。
解放軍アジトの前後でペンダント違くないですか?

鳥かごバッシュバルハイムバッシュ帰国バッシュ
ラバナスタに帰ってくるまでは羽が下向き

アジトバッシュシュトラールバッシュ
アジトで着替えてからは羽が上向き、かつ幅広。コレ以後エンディングまでこの形。

違うものだとすると、私の妄想覆されるんだがorz

しかし、オメガにのっているフォーン海岸の絵では
海バッシュ
登場シーンのもの。

大切なものは大切なヒトに、っていう私の妄想のために、
このペンダントは上下どちらでもチェーンを通せる、ってことでよろしいか!?


よろしい、ということにして、プレイ日記をば。

長いです。
ナルビナ城塞独居房から。

まず、ガブラスを追って魔法でロックされた扉へ。
あの青い蔦みたいなのがするする、って解けるところがなんかの触手みたいで気持ち悪い。
鳥かごバッシュ発見。

ガブラスが素顔を晒すのですが、実はここのノアの顔好きじゃない。
皇帝と話してる時とか、ドレイスを手に掛けるシーンとか、もっとかっこいいのに、ここはちょっと崩れている。

「ヴェインに聞けないわけでもあるのか?」って、鳥かごの中からなのに弟の立場を把握してるバッシュは、きっととても優秀なのだろう。
状況把握と対処が上手かったんだろうな。だからこその若い将軍か?
でもそう言えば、バッシュは若くして将軍になったって思っていたけど、将軍って少将から大将まで幅広いし、
しかも帝国での将軍にあたる役職=ジャッジマスターだと思うのだけど、ジャッジマスターは大体これくらいの年。
今の人間の平均寿命に比べてイヴァリースのヒュムの平均寿命が短い、という公式設定を考えると、実はそんなに早い出世ではないのかもしれません。

図星をさされて言葉につまるノア。
「滅んだ国に義理立てとは、つくづく忠犬だな。」
犬発言☆後に自分が散々犬扱いされるとは知らぬノア。ディシディアの世界でさえね…
英語では 忠犬 → faithful hound でした。

ガブラスが去ってから、檻のそばに忍び寄るバルフレアとフラン。
「頼む、私をここから出してくれ」「死人とは関わらん主義でね。」
ここのバッシュとバルフレアの会話の時、二人の目が合ったのかどうかが真に知りたいところ。
映像見る限りではバルフレアはバッシュの方を見ていそうな気がするのだけれど、
バシュバル好きとしてはここで目が合って、その瞳にお互いが堕ちたらいいな、と。
もちろんその場では二人とも気付かないのだけれど、サブリミナル??的に、それぞれの心の大切なところに入り込んだ、っていうのがいいな。
それに気付くのはバルフレアのほうが早いはず。
バッシュは気付いたとしても責務が~とか言って、再び仕舞い込んじゃいそうだし。

そんな妄想していたら、ヴァンが騒ぐ。
鳥かごにしがみついてガツガツ揺さぶるのですが、何故か、ヴァンの方が外にいるのにヴァンが檻に捕らえられて中から観客を威嚇するサルにしか見えない件

守衛が戻ってくる音がしたので、フランが素敵な足で檻の支えを破壊。
フラン姉さま、素敵過ぎますvv
その足で蹴られた(ry
「空は遠いなぁ」っていう平田ボイスがすごい好き!脳内変換して悶えてみました。
あの場でね、檻はそのままで隙間から三人だけ脱出するって方法もあったと思う。
でも敢えて鳥かごバッシュごと落としたってことは、フランはきっと何か感じ取ったんだ。
二人の行く末とか?都合よすぎな解釈だけどね。

多分相当な高さから落ちたと思われ。
鳥かごはめちゃめちゃ。ついでに枷も外れている。
のに生きているバッシュ。すごすぎるんですけど。どうやって着地の衝撃を回避したのかが疑問。

いよいよ名台詞。好きなシーンなので日本語と英語ボイス両方メモがてら書いておく。
「歩けるか。行くぞ。If you can walk, let’s go.」
「なんでこいつまで!You’re taking him with us?」
「盾にはなるだろ。We could use another sword arm.」
「引き受けよう。And you have it.」
やっぱり日本語と英語が大分違うんです。
一番違うのは、日本語で「盾」のところが英語では「武器」になっている。
攻撃こそ最大の防御、的な欧米気質を反映していますね。
「引き受けよう」も、日本語だと“バッシュが盾になる”だけど、英語だと“バルフレアが盾(武器)を持つ”だし。

肩の痣が痛々しいバッシュをリーダーにしてバルハイム地下道へ突入。
それにしてもLv90バッシュ、強いわ!
わざとバッテリー残量少なくしてゾンビとか出してみたけど、素手のくせに一撃で殺します。
そして、ロッドを使うバルフレアがかわいいことかわいいこと!!!
戦闘中に魔法唱えるとロッドをくるり、と回転させるように詠唱するので、それが見たいだけのために、ほとんどHP減っていないけどケアルを唱えさせまくっていました。

何度見ても思うのは、将軍、逞しすぎます。
死体から服を奪うだけでも逞しさ満点なのに、それを身につけるなんて…
バッシュから「真実」を聞いてもまだ納得できないヴァン。気持ちはわかります。
「ならお前が決めろ。楽になれる方を選べばいい。…どうせ戻らない。」というバルフレアの台詞が好きでね…
英語バージョンのどうせ戻らない → What’s done is done がすごく名台詞だと思う。
What’s done is doneは、アーシェが大灯台で同じ台詞を言っていた気がする。

ミミッククイーンを倒したら(2ターンで片付いたよ)ようやく外へ。
二年も地下牢で暮らしていたのに、いきなり快晴の砂漠に出て大丈夫ですか!!?
チリの生き埋め事件の時も数週間だったのに目は完全防御してたよ?
それとも、バルハイム地下道がほどよく明るくて目が慣れたってこと?
ただでさえ碧い瞳は日光に弱いのに。
グラフィックに反映されてないけれど、バルフレアがサングラスをバッシュに貸してあげていた、とかはどう?
アルシドみたいに、バルフレアもおしゃれなサングラス持ってそうだし。

そして、ここのどうでもよさそうな会話も好きなんだ。
無印版ではボイスなし。IZJSではボイス付きです。
「ダルマスカの風が、これほど懐かしいとはな…To think Dalmascan air could taste so sweet.」
「ここ…どこだ?Where are we?」
「どうやら東ダルマスカ砂漠だ。干上がる前にラバナスタへ戻るぞ。かまわんな、将軍?The estersand, by the look of it. Let’s back to Rabanastre before we shrivel up. By your leave, General.」
「あぁ。一刻も早く戻りたい。人々は私を恨んでいるだろうが、果たすべきつとめがある。Yes, the hour of my return is already over late. The people may hate me, but that does not free me of my charge.」
力也ボイスと平田ボイスで聞きたかったなぁ。

干上がる前にラバナスタへ戻ろう、って言ってたにも拘らず、何故か寄り道しているご一行様。
西ダルマスカ砂漠でリンブルウルフを出現させ、グラディウスを窃盗。
また東ダルマスカ砂漠に戻ってワイルドザウルスに果たし状を突きつける。
おぉ!1ターンでやっつけた!!

気分良くラバナスタへ帰還。
ダウンタウンを回って、バッシュの噂を聞いて回る。
「聞き分けのない子で困ってるよ。昔は“騎士団を見習いなさい”って言えたんだが、ほら…バッシュが裏切っただろ?って、さっき通りかかった人に言ったら、悲しそうな顔をして通り過ぎていったよ。」
って言うソコの父親、一回死ぬよろし。

騎士団の剣を持って、解放軍のアジトへ。
これって、誰の剣なんだろうか。
ミスリルブレイドだからさ、強くないんだよね。
将軍がミスリルブレイド使ってたとは思えないんだよね…
でもレックス編のバッシュは片手剣だったから、ミスリルブレイド装備だったのか?
もしレックス編での装備がミスリルブレイドだったとしても、捕らえられた時にバッシュは自分の剣を持っていたわけなので、バッシュの剣をダラン爺が持っているわけはないと思う。
が、自分の剣が返って来た、というシチュの方が面白い気はする…

アジトに入れてもらうと、お風呂あがりバッシュ登場。
ここの会話も好きなので、メモっておく。
「やっと俺の知っているバッシュになったな。Now there is the Basch that I remember.」
「ならばともに闘えるか?Then will you fight again at my side?」

「部下の命を預かる以上最悪の可能性を考えるのが俺のつとめだ。あの夜のヴェイン襲撃も見抜かれ、泳がされていた。オンドール同様、お前も帝国のかもしれん。I hold men’s lives in my hands. I must see foes in every shadow. The night we moved against Vayne, he knew. I will not chance such disadvantage again. I must treat you as I would Ondore-as I would treat any abettor of the Empire.」
おぉぉ!ウォスにまで犬呼ばわりされていたのね。
「ならばどうする。俺を拘束するか?Then what will you do? Hold me here in chains?」
睨みあって、ウォスが負けて剣を投げて、バッシュが片手で受け取るシーンがいいと思う。
「お前は変わらんな、ウォースラ。Some things never change. Do they.」
「忘れるなバッシュ、ダルマスカ全土に解放軍の目が光っている。お前はカゴの鳥も同然だ。Listen to me, Basch. Your cage may have no bars, but it is a cage. The eyes of the Resistance watch unblinking.」
「かまわん、それならもう慣れた。Let them watch. I know something of cages.」
カゴのことならよーく知ってるよ、ってニュアンスでしょうか。

で、英語版が上手いな、と思ったのはアジトを出た後のヴァンとバッシュの会話。
「迷惑だよ。It’s annoying.」
「すまんな。迷惑ついでだ、最後に頼みたい。バルフレアに会わせてくれ。今要るのは足だ。I’m sorry. Allow me one last annoyance: a favor to ask. I want you to take me to Balthier. Even caged birds need wings.」
どなたかのサイトで“バルフレアを足扱いにするなんて、生意気”みたいなことが書いてあって、そーいう意見もあるかー、と思っていました。
でも、英語バージョンでは全くそんな感じしないですよね?
直前のウォスとの会話も踏まえて、カゴの鳥も、翼が必要なんだ、と。
バルフレア、私の翼になってくれ、と告白すればいい。そしたら萌えるよ。

ハイ、悶えたところで今日は終わり。

IZJS

Posted by Mi on 31.2011 FF12プレイ日記   0 comments   0 trackback
今日は半休で、ダンナが24の日なので、好きなことを沢山できた日でした。
久しぶりに野球中継も最初から最後まで見れたし。(今日もありがとう、MX!)
首位攻防戦、二連勝ww
来週は対ライオンズ戦のチケットをもらったから、行くんだ~。

それから、トランスフォーマーの二話目を鑑賞。(地上波でやってたやつ)
一作目も二作目も映画館で見たので、最新作も見たいところ。
明日行くかな。
過去二作の主題歌は「Linkin Park」が担当。
好きなバンドで、アルバムも全部持っている。
新作の主題歌もLinkin Parkの曲。
一番新しいアルバムに入っているIridescentという曲で、とっても大好きな曲なんだけれど、おとなしめなのでトランスフォーマーに合うのかしら??
陸軍少佐(新作では大佐に昇格しているらしい)役のジョシュ・デュアメルが好きでね。かっこいいよ。
二作目に出ていたイザベル・ルーカスもかわいかった。(主人公を誘惑するプリテンダー役)

長々と書いているけれど、一番楽しかったのはFF12のIZJS。久しぶりにプレイ。
強くてニューゲームなので、さくさく進みますよ。

トマト討伐後からスタート。
ミゲロさんの賄賂で助けられたり、ヴェインの演説を聴いたり(ヴェインはほんとに賢いね)。
「ならば今夜は、君が私をヴェインと呼ぶまで飲んでもらうぞ。」
っていう、ヴェインはおじさん好きフラグが立つのを確認したり。
ダウンタウン(英語ではロータウンになってた)のダラン爺に会ってからギーザ草原へ。
ネロちゃん、あなた集落の子供たちに溶け込みすぎです。
そして、ヴァンのレベルがとんなに高くても、ネロがいると心強い。
ヴァンをぐいぐい引っ張って行くネロ、逞しい…
そして、ガラムサイズ水路で準備中のウォスと殿下。
このウォスはかっこいいと思う。指揮官、って感じでいいなぁ。
殿下は…相変わらずスカートの丈がみ(ry)

うぁ、バルちゃんきたぁww
フランのエアバイク姿はネ申。あんなかっこよくバイク乗りたい。
バイクから飛び降りた後の顔がいいんですよね!イケメンだな、ほんとに。
ヴァンの一人旅はめんどくさいだけなので飛ばすことにして
女神の顔が開くのがけっこう怖い。
「この物語の主人公さ」は英語では「I play the leading man, who else?」
I'm the leading actorとかだと思ってたけれど、違いました。主人公を演じる、か、なるほど。
建物の外に出るとイフリート戦艦が反乱軍(解放軍です!)を攻撃している、が、あれは明らかに味方の帝国軍も攻撃されてますね。
帝国にとったら一般兵なんてどうでもいい存在なんだろうな。外民も軍隊に入れば新民になれるようだし。
「こら、待てぇ!」の言い方がすごく好きなので、英語だと物足りない。
ガッ、とヴァンを抱え上げて放り投げるバルフレア、漢。
あああ、抱き上げられたい(←黙れ…)。
そして、ヴァンの持っている破魔石のせいで落ちるエアバイク。
もったいないよ!すごいバイクだったのに。
フランの言葉通り「空を飛べずに地下を逃げる空賊」達はガラムサイズ水路へ。
ここでガンビットの説明。皮肉を織り交ぜていてなんともバルフレアらしい説明のしかた。
バルちゃんとフランが仲間になったので、早速ジョブを選択。
一周目はバル→ウーランで、最強の矛でなりふり構わず敵をつっついてもらいましたが、今回はバル→白魔です。
白魔バルはかわいいよ。
ちなみに、フラン→赤魔でしたがナイトにしました。
銃の特性上、せっかくのLv 90を全くいかせず、しょぼいダメージしか与えられないバルちゃんにイラついたりしながらもどんどん進んで、殿下と合流。
あのシーンはもちろん「おいおいよ!」に脳内変換。
のっけからツンツンなアーシェ。一番最初に無印プレイした時、結婚式のあのプリンセスと同一人物とはしばらく気付かなかったのorz アーシェ、苦労したのね。。。
ボスは倒しても帝国の軍隊に囲まれたら勝てない。みんな銃装備だし。
あっさりつかまって、ナルビナ送りに。
無鉄砲に歩き回ろうとするヴァンに忠告するバル。その片眉上げて舌打ちする表情、ほんとご馳走様です。
セクシーだなぁ。
ダグザ一味を倒したら、ガブ登場!
帝国兵をバカにしていたバッガモナンもガブの凄みにタジタジ。
ガブ好きだよ。ハントカタログのガブのページの顔写真(?)を見て、にやついてしまうくらいガブ好きだよ。


今日はここまで!

レックス編

Posted by Mi on 14.2011 FF12プレイ日記   0 comments   0 trackback
IZJSのレックス編をやっていて思ったこと。

「君の背中は私が守る。」
御存知、バッシュの台詞ですが…
あいつ、勝手に先行くよね(怒)

さすがに今回は心してバッシュより先に走りましたが、
コントローラーの使い方に慣れていない頃はすごい勢いで置いていかれました。

それと、無印版では B「立てるか?」R「レックス。レックスです、将軍」となっていて、
立てるか?の答えに自分の名前言うヤツいないだろ。
レックスよ、そんなにバッシュが好きか?隙あらば名前を言っておぼえてもらいたいくらい好きか?
と思いましたが、IZJSでは
B「Your name?」R「Reks, sir. My name is Reks.」に直っている。
こっちの方が自然だよね、と思いました。

ウォスがバッシュに言う「Godspeed」もカッコいい。
ラストサムライとかでも使われてますが、「武運を」っていう言葉、武人っぽくていいよね。


拍手ありがとうございました☆

プロフィール

Mi

Author:Mi
ネクラで鬱でおたくで腐。
生息地域は部屋の角っこ。
好きなものは「ばしゅばる」と「攻機」。
ほぼ腐活動しかしていません。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスカウンター

Mi-BB banner

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR